法人登記の住所としてコワーキングスペースを利用するメリットとは?

法人登記の住所としてコワーキングスペースを利用しよう

最近では低コストで法人登記ができ、またオフィスとして利用できるコワーキングスペースに注目が集まってきています。

今回は、法人登記の住所として利用できる「コワーキングスペースのメリット」について解説していきます。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、仕事専用の共有スペースを意味します。個人のフリーランスはもちろん、法人として本社所在地に登記する事も可能なシェアオフィスのようなものです。(コワーキングスペースによりサービスは異なります)

オフィス借りた場合、初期費用や毎月のコストは決して安くありません。また、物件によっては法人登記が出来る場合と出来ない場合があるので予め確認をしておく必要もあります。

しかし、コワーキングスペースの場合は、ビジネス利用を前提として作られているので法人登記が可能な場合が多いです。
また、自身でオフィスを借りるよりも、毎月掛かるコストが非常に安くになります。(光熱費+通信費くらいで、利用できてしまいます)

コワーキングスペースを使うメリットは?

利用者が増加傾向にあるコワーキングスペース。利用者だけでなく、事業としてコワーキングスペースを提供する企業も増えている事から、現代のニーズにあったサービスだと言えるでしょう。

それでは、コワーキングスペースを法人利用・登記するメリットを見てみましょう。

メリット1:維持コストが抑えられる

様々な企業や個人と共有してオフィスを利用する事から、自身でオフィスを借りるよりも遥かに毎月のコストを低く抑える事ができます。

一か月に掛かる通信費+光熱費くらいで利用出来てしまうので、スタートアップの際はまずコワーキングスペースから始めるといった選択肢もアリです。

ある程度軌道に乗り、社員が増えてきたらオフィスを借りて移転する方が賢い選択だと言えます。

メリット2:個人情報の保護

代表者の自宅を本社として登記する場合、本社所在地が自宅なので個人情報がWEBや印刷物(名刺、パンフレット等)で公開されているいる状態となってしまいます。

そこで、コワーキングスペースを本社所在地として登録する事で、個人の住所と切り離すことができ個人情報を守ることに繋がります。

家族が増えた際、自身だけでなく家族に危険が及ぶ場合もありますので、リスクは避けておくべきだと思います。

メリット3:設備が揃っている

コワーキングスペースは、法人利用を前提として提供されているオフィスのため会議室やwifi、事務機器など共有できる設備を設置しています。

その為、1から用意しなくても多くの事務処理に要する設備はそろっています。

メリット4:営業活動の場としても、事業アイデアの刺激を受ける場としても機能する

共有オフィスでは、様々な事業の方が利用しています。

コワーキングスペースによっては交流会を開催している所もあり、企業間での情報交換や営業、取引などに期待できる点もメリットと言えるでしょう。

インターネットが普及した現代だからこそおすすめのコワーキングスペース

パソコン一台で仕事ができるような職種の方であれば、コワーキングスペースはぴったりです。

大型の設備が必要な事業や、物販事業など大きなスペースを必要する場合を除き、低コストで利用でき、かつ法人登記も可能なコワーキングスペースは、現代のニーズに合わせたオフィスの選択肢の一つとして十分検討する価値のあるサービスだと言えるでしょう。

【月額1.8万円】コワーキングスペースCoWork(船橋)では法人登記・住所利用が可能です。

CoWorkのコンセプトを見る ≫