法人登記の住所としてコワーキングスペースを利用しよう

法人登記の住所としてコワーキングスペースを利用しよう

低コストで法人登記に利用でき、その他費用以外でも様々なメリットがあると近年では、コワーキングスペースを本店所在地として登記をする方が増加傾向にあります。法人登記の住所として利用できるコワーキングスペースについてこの記事では解説していきます。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、共同で仕事をするスペースを意味します。個人のフリーランスはもちろん、法人の事務所として本社所在地に登記する事も可能な共同オフィスといった認識で間違いではないでしょう。通常、事務所を借りた場合、法人として登記可能かどうか確認する必要があるのと同時に、法人利用である事務所の場合では初期費用が決して安価な物ではない事が多いでしょう。コワーキングスペースの場合は、法人利用を前提として開放しているため本店として登記が予め可能になっています。また、様々な起業や個人が共有して利用するためコストが非常に安価になるという特徴を持ちます。

コワーキングスペースを使うメリットは?

昨今、利用者が増加傾向にあるコワーキングスペース。利用者だけでなく、事業としてコワーキングスペースを提供する企業も増えている事から、現代のニーズにあったサービスだと言えるでしょう。コワーキングスペースを本店所在地として登録するメリットを見てみましょう。

◇維持コストが抑えられる
様々な企業や個人と共有してオフィスを利用する事から、利用コストを非常に抑える事ができます。

◇個人情報の保護
代表者の自宅を本店として登記している場合、登記簿謄本にて本店所在地と代表連絡先等を登記する必要がある事から用意に個人情報を取得する事ができます。コワーキングスペースを本店所在地として登録する事で、個人の住所と切り離して会社を運営する事が可能となります。

◇設備が揃っている
コワーキングスペースは、法人利用を前提として提供されているレンタルオフィスのため会議室やwifi、事務機器など共有できる設備を設置しています。その為、1から用意しなくても多くの事務処理に要する設備はそろっているでしょう。

◇営業活動の場としても、事業アイデアの刺激を受ける場としても機能する
共有オフィスでは、様々な事業の方が利用しています。コワーキングスペースによっては交流会を開催している所もあり、企業間での情報交換や営業、取引などに期待できる点もメリットと言えるでしょう。

インターネットが普及した現代だからこそおすすめのコワーキングスペース

現代では、ネット環境のみで運営している企業や個人事業主は少なくはないでしょう。大型の設備が必要な事業や、物販事業など大きなスペースを必要する場合を除き、低コストで利用でき、かつ法人登記も可能なコワーキングスペースは、現代のニーズに合わせてオフィスの選択肢の一つとして十分検討する価値のあるサービスだと言えるでしょう。

コワーキングスペースCoWorkでは法人登記・住所利用が可能です。(月額1.8万円より)

詳しくはこちら
https://cowork-share.jp/#price

 

のコンセプト