フリーランスになって経験するトラブル対処法とは

フリーランスになって経験するトラブル対処法とは

フリーランスだからこそのトラブルは数多く存在します。

事前に知識を持っておくと、いざ対峙したときに、慌てることなく対処ができると思います。今回はフリーランスの方が陥りがちなトラブルと対処法についてご説明させていただきます。

トラブルになる3つの原因

1つ目は、お金

本来あってはいけないことですが、フリーランスで仕事をしていて、報酬の未払いという話は珍しくありません。

クライアントの倒産や、取引先と音信不通になるなどして、未払いの状態になってしまうという声が聞かれます。

2つ目は、品質や内容

いつもの取引先との契約の為、契約書を交わしておらず実際の内容との相違があったというケースが見受けられます。

仕様変更の箇所が多く存在してしまい、予定よりも大まかな作業になってしまったが、当初の見積額しか支払えないと言われてしまったようです。

3つ目は、納期

案件を受注しすぎて、納品ができなくなるケースが見られます。

また難易度の高い案件を受けてしまい、継続案件も合わせ、うまく回らなくなってしまうという事態も陥りがちな内容となります。期日に間に合わなかった為、案件先のクライアントからその後仕事の依頼が来なくなってしまったなど、信用問題に関わってきてしまいます。

フリーランスのトラブル対処方法

どのような取引先であれ、契約書をきちんと交わしましょう。

ついつい後回しにしてしまい、先方から提示された条件を深読みせず、進めてしまったなどのケースが見受けられます。また、2回目だからと、おざなりにしてしまい実際の内容と違ってしまったという話も見られます。慣れた取引先であっても、事実確認の判断材料がなくなりトラブルが発生しやすくなってしまう為、契約書を必ず交わしましょう。

業務のバランスを見直し、余裕をもって案件を引き受けましょう。

高みを目指し、多くの案件に挑戦することはとても良いことです。ただ、いきなり無理をするとキャパを超えてしまい、結果信用を落としてしまうという事態もありえます。自身のレベルや抱えている業務量を確認し、無理をしすぎないよう、調整しながら仕事を引き受けましょう。

また、仕事の連携ができるフリーランス仲間を作るのもおすすめです。イベントやSNSを通して繋がりを作っておくと、なにかあった時も安心できます。

まとめ

フリーランスで働いていると様々なトラブルが発生しやすいです。事前にトラブルの対処方法を理解し、いざ対峙した時に冷静に対応できるよう備えておきましょう。

のコンセプト