フリーランスのエンジニアに必要なスキルとは

フリーランスのエンジニアに必要なスキルとは

現在フリーランスのエンジニアとして活躍されている方や、これからフリーランスとして働いていかれる方が、どのようなスキルが必要なのか考えている方も多いのではないでしょうか。スキルアップすることで仕事が増え、信用を得ることができるので、今回はフリーランスに必要なスキルについてご説明します。

フリーランスエンジニアに必要なスキル5選

エンジニアに必要なおおまかなスキルを5つご紹介します。

1つ目は、交渉スキル(営業力)

営業力があれば仕事を取ってくることができ、チャンスを得ることができるでしょう。また、スキルを最大限に活かすには、交渉スキルを伸ばしていくことが重要となってくるでしょう。企業の人事担当者との話し合いの場で、自分の能力のアピールをする力が必要となってきます。

2つ目は、コミュニケーションスキル

営業力とも付随しますが、フリーランスになる上で、人脈作りが大切となってきます。エンジニアのイメージから不要と思われますが、コミュニケーションスキルを身につけることで、仕事を増やすことができます。短い期間での仕事も多い為、その中でいかに信用を得られるかが今後の仕事を左右してくるでしょう。また頼みたいと思ってもらえるよう、良好な関係を築けるように心掛けていきましょう。

3つ目は、専門的なスキル

特定の専門的な知識があると、依頼されるときに名前が挙がってきやすくなります。幅広いスキルを持つことももちろん大事ですが、1つでも特化した知識があると、アピールしやすいでしょう。また、自分の強みを持っておくと任されやすくなります。

4つ目は、時間短縮スキル

依頼を受け、期限までに終わらせる必要があるため、時間短縮スキルを身につけることが必要になってきます。時間短縮することで、受ける仕事を増やせるため、収入に大きく関わってくるでしょう。今一度、自分の仕事の進め方を見直し、効率化を図っていきましょう。

5つ目は、マーケティングスキル

市場の動きを確認し相場や、相手先企業が何を求めているか、把握していく必要があるでしょう。エンジニア知識+市場知識があると、合わせてアプローチがしやすくなっていくでしょう。また交渉する際も、客観的にみることができ、スムーズな取引を行えるでしょう。何が求められているか、何を補う必要があるのか、マーケティングスキルを身につけて判断していきましょう。

まとめ

今回はフリーランスに必要なスキルについておまとめしました。

いざ、フリーランスになるには勇気がいることでしょう。どこをスキルアップすれば良いのか今一度確認し、新たな挑戦に向かって役立てていただければと思います。

内見・体験利用はこちら