フリーランスに多い年齢と定年は?

フリーランスに多い年齢と定年は?

これからフリーランスになろうと考えている方は、どのくらいまで働けるのだろう、どのくらいでフリーランスになった人が多いのだろうと疑問が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。今回はフリーランスを考えている方に、フリーランスになった方々のきっかけやフリーランスに多い年齢、定年の年齢についてご紹介します。

フリーランスの年齢は?

一番多いのは30代の方が多いです。その次に40代の方となります。この年齢の方々で全体の6割を占めています。20代で実務経験やスキルを積み、30代から40代で挑戦する方が多いです。
きっかけとしては自分のスキルがどこまで通用するか試したい、新たな事業に挑戦したい為などの、やはり意欲的な意見が多いです。また、会社などの組織で働くことに疑問を感じた為、就職先が決まらなかった為といった意見がみられます。

30代ですと独立する為の体力と気力がある年齢になるのでしょう。また20代から30代にかけ、ある程度会社に長く勤めて、スキルアップしたいという気持ちが強くなる方が多いようです。
ただ、30代でフリーランスの方の中には、20代のうちにフリーランスになれば良かったという声も聞かれます。早めに検討し、行動することで結果が早く出やすいのでしょう。
40代から50代のフリーランスの方はやはり経験を積んでいますので、ベテランエンジニアの方々が多くなっています。

フリーランスの定年はどのぐらいになるのか?

定年ですが、フリーランスは特に年齢の決まりはありません。
組織から制度によって年齢は決められていない為、自分の意志で何歳まででも、働くことは可能です。ただ、離れる年齢として多いのが60代から70代となります。
年齢を重ねると気力や体力の低下がありますから、20代と同じような働き方が出来なくなってきます。体力面からこの年齢で、考えられる方が多いです。
また、ある程度の貯蓄ができ、働かなくても生涯安堵というレベルになり、辞めるのを考えられるようです。ですから、50代までにこの状態に持っていきたいという気持ちで努力している方が多くなっています。

まとめ

サラリーマンのように年齢が決められていない為、働こうと思えば長く働くことも可能なのが、フリーランスの魅力でもあります。ただ先を見据えて、60代までに備えておくことで、将来安心することが出来るでしょう。
自分の働き方について一度考えてみてはどうでしょうか。

コワーキングスペースの体験利用予約(無料)はこちら >