レンタルオフィスとコワーキングスペース

レンタルオフィスとコワーキングスペース

レンタルオフィスとコワーキングスペース

皆さんはレンタルオフィスをご存知でしょうか?ただ事務所を借りるだけなように思いますが、実はそうではないのです。レンタルオフィスでは事務所だけではなく、仕事をする際に必要な備品もそろっているのです。ただ、よくよく考えるとレンタルオフィスとコワーキングスペースはなんだか同じような感じがしませんか?今回の記事その2つの違いや共通点を見ていきます。

一人で場所を使うかみんなで共有するかという違いがある

まずレンタルオフィスとコワーキングスペースの違いとしてあげられるは1つの場所を一人で占有するのかみんなで共有するのかだと思います。レンタルオフィスでは個人が1つの場所を借りてそこで仕事をすることになります。レンタルオフィスの場合、信頼を得られる都内の一等地に入居することが可能です。一方で、コワーキングスペースでは1つの場所をみんなで共有します。それによって、利用者間のコミュニケーションが積極的に行われることでコミュニティが形成され、互いに切磋琢磨しあったり、お互いに仕事の受注・発注をすることが可能となります。

利用料の低さや備品がそろっているという共通点がある

レンタルオフィスもコワーキングスペースどちらも利用料が低いということは共通しています。自分自身で高い金額を払って事務所を構えることなく、そして必要な備品をいちいちそろえる必要がないというメリットあります。どちらの場合においてもこれから起業をしようと考えている方にとっては適しています。

どちらを選べばいいの?

コワーキングスペースをおすすめします。レンタルオフィスだと確かに個人専用のスペースが用意されますが、ずっと1人で作業していると集中力が切れてしまったり、気が詰まったりしてしまうと思います。コワーキングスペースはオープンな環境ですので時には誰かと相談しながら仕事をすることができますし、1人で集中して作業したいときは家で行うといった使い分けも可能です。

まとめ

今回の記事ではレンタルオフィスとコワーキングスペースの違い、共通点を紹介してきました。オープンな環境かクローズドな環境かの違いがありますが、どちらも利用料の低さや設備面では共通しています。自身の刺激のためにもコワーキングスペースをおすすめします。是非、コワーキングスペースの利用を検討してみてください。

のコンセプト