フリーランスWEBデザイナーの仕事

フリーランスWEBデザイナーの仕事

フリーランスWEBデザイナーとは?

これまでの記事ではフリーライターやフリーランスエンジニアを特集してきました。今回特集するのはWEBデザイナーです。WEBデザイナーということば自体を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にWEBデザイナーがどういった仕事をしているかイメージできる人は少ないのではないでしょうか。そこで、WEBデザイナーの仕事内容をご紹介します。

デザイン

WEBサイトのレイアウトを設計するのがデザインです。デザインをするときはphotoshopやillustratorを利用します。デザインをする際に気を付けるべき点として見た目と使いやすさを両立させることです。見た目に良さにこだわるあまり、ボタンが小さかったり、問い合わせボタンをクリックしたいのに見つからないといった利便性が低いとサイトに流入するユーザーが減ってしまいます。よって、デザイン時にはこれらを意識する必要があります。

コーディング

WEBページを実際に表示させるにはコーディングが必要となります。コーディングを行うことで、ページ同士の遷移が可能になったり、画像やアンカーにリンクをつけることができるようになったりとデザインをしていた段階で構想していたことを具現化します。ここで用いられるプログラミング言語としては主に、JavascriptやPHPがあります。自分の構想したことを実現するためにもこれらのプログラミング言語を使いこなせるようになりましょう。

ポートフォリオサイトの作成

依頼者がWEBデザインの仕事を頼むとき、デザイナーさんがこれまでどのような仕事をしてきたのかを見た上で自分のイメージに合う成果を出してくれそうな人に頼むのが一般的です。ここで、これまでの自分の仕事をWEBページ上で公開して営業に活かす方が増えてきています。このようなサイトのことを「ポートフォリオサイト」といいます。仕事を受注するためにもぜひポートフォリオサイトを作ってみましょう。

まとめ

WEBデザイナーの仕事はただ構想するだけでなく、自分のイメージしたものをしっかりと作り上げるまでを行いま
す。よって、画像加工やプログラミングのスキルも必要となります。また、仕事を受注するためにも自分がこれ
まで手掛けてきた作品を公開するポートフォリオサイトの運営も仕事の1つです。覚えることが多くて大変そう
だと思われるかもしれませんが、すべてを自分で手掛けることのできる面白い仕事です。WEBデザイナーを目指
されるフリーランスの方はぜひ参考にして下さい。

内見・体験利用はこちら