フリーランスエンジニアとして働く

フリーランスエンジニアとして働く

フリーランスとしてのエンジニア

皆さんはフリーランスで働くエンジニアさんがいるのを知っていましたか。フリーランスとしてイメージされやすいのはフリーライターだと思います。原稿を書いたり、WEBの記事を書いたりと想像しやすいですね。では、フリーランスで働くエンジニアさんはどのようなことをしているのでしょうか。本記事ではフリーランスエンジニアの実態を探っていきます。

多いのはWEBアプリケーションエンジニア

クラウドソーシングサービスで求人が多いのはWEBアプリケーションエンジニアです。WEBアプリケーションエンジニアとはWEB上で使用できるアプリケーションを開発するエンジニアです。例えば、GmailやDropboxといったサービスはPCやスマートフォンにインストールしなくても、ChromeやFirefoxのようなWEBブラウザから実行することが出来ますよね。これこそがWEBアプリケーションであり、これを作っているのがWEBアプリケーションエンジニアなのです。現在では、このようなWEBアプリケーションがビジネスに活用されることが多くなってきており、求人ではWEBアプリケーションエンジニアが増加傾向にあるのです。もちろん、開発に着手するにはJavaやC、Rubyといったプログラミング言語を使いこなせることが必要となります。

インフラエンジニアの仕事もある

サーバーやネットワークといったITインフラの構築や保守を行うのがインフラエンジニアです。これらはWEBアプリケーションなどのサービスの根幹を担うものですが、インフラエンジニア関係の案件はなかなか少ないようです。

エンジニアそのものは重宝される

高度情報化の進行で、ビジネスにおいてもITの活用が重要視されてきています。ITの活用を推進するためにはそれを動かす仕組みをしっかりと作れる人材が重要になってきます。そこで出てくるのはITインフラを整備できるインフラエンジニアであったり、プログラミングを行うプログラマーなのです。実際、某メガベンチャーの社長さんは息子さんにプログラミングの基礎を叩き込んでいるようです。フリーランスでエンジニアはプログラミング言語を使いこなせるようになるまで時間はかかりますが、一通り技術を身に着ければ自分の腕で稼ぐことも夢ではないのです。

まとめ

フリーランスエンジニアとして働く場合、WEB上で動くアプリケーションを作るWEBアプリケーション開発関連の仕事が多いです。仕事を受注するまでにプログラミング言語の習得といった技術を身に着けなくてはなりませんが、高度情報化の進行によってエンジニアの価値は上昇しています。是非、フリーランスを目指す方はエンジニアとしての働き方も検討してみてください。

のコンセプト