起業するには?~フリーランスからスタート~

起業するには?

起業は分からないことだらけ

起業家といえば元ライブドア社長の堀江貴文氏、楽天社長の三木谷浩史氏、ソフトバンク会長の孫正義氏といった方々を皆さんは思い浮かべると思います。このような起業家の活躍を眺めていると、「起業って難しそう」や「自分には起業は関係のないものだ」という感想を抱かれる方が多くいらっしゃると思います。しかし、その一方で彼らの活躍もあり、「自分も起業してみたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、いざ起業してみようとするとどういった分野で起業すれば良いのかであったり、資金はどのように調達するのかなど様々な問題に直面します。そこで、本記事では起業に対する疑問について見ていきたいと思います。

起業のアイデア

まず起業をする上でこの問題に直面すると思います。自分はどのようなサービスを世に提供するかという新たなビジネス創造に苦戦すると思います。そして、行き詰って失敗するのではないかと思われる方も多くいらっしゃると思います。そういった場合はまずフリープログラマーやフリーライターから始めてみると良いと思います。そこで自分なりに経験を積んでから、自分は今後どういった方向で仕事をしていくかを見定めていくのも手です。そのような下積みを経ることでネットワークを作ることもでき、それを使って仕事の発注や受注というのが可能になってきます。

資金の問題

次にあげられる問題として資金をどう調達してくるのかではないでしょうか。起業するにはお金がかかりそうというイメージを抱いているという方も少なくないかもしれません。しかし、現在では「0円起業」と言われているように、ネットビジネスの台頭によってリスクをあまり抱えることなく起業できるのを知っていましたか?フリーのライター等でまずは起業する場合は自宅で仕事ができるのでわざわざオフィスを構える必要もなく、パソコン1台とインターネット環境さえあればどこでも仕事が出来てしまうのです。もし、どうしても事業を立ち上げるのにお金がかかる場合はインターネット上の様々な人々からの資金を募る「クラウドファンディング」を利用してみると良いでしょう。このように、インターネットの普及によって、ネットビジネスに関しては初期費用をかけることなく起業することができます。

まとめ

インターネットの普及によって、かつてとは比べものにならないほど起業というのはしやすくなってきています。もちろん、起業するうえでどういった事業で起業すべきかや資金の問題などに直面することとなりますが、まずは手を付けやすいライターの仕事などから始めて、方向性を模索していく「ネットビジネス」で事業を起こすと良いでしょう。

内見・体験利用はこちら