フリーライターの名刺に盛り込むべき情報とは?

フリーライターの名刺に盛り込むべき情報とは

営業ツールとしての名刺

独立してフリーライターになった人から見ると、会社員時代に皆さん自分の「名刺」が支給され、営業先に出掛けていったというのが大多数だと思います。では、フリーライターではどうでしょうか?ひょっとすると、フリーランスで働いている分にはクラウドソーシングなどを使って仕事を引き受けるから名刺そのものは必要ないと考えている方が多いのではないでしょうか。しかし、最初から何もせずに仕事のオファーが来るなんてことはまれで、営業を余儀なくされます。フリーライターとして仕事をする際は営業が本業ではないので、ゆくゆくは営業に行くのを減らしたいものです。そこで重要となってくるのが名刺で、それそのものにインパクトを残せれば仕事のきっかけ作りに名刺は大きく貢献します。そのようなことを通じてネットワークを形成できれば営業そのものが減っていき、本業に専念することができます。では、その名刺にはどのようなことを記載したらよいのでしょうか?

名刺に記載すべき情報

氏名

これはもちろん載せましょう。基本は本名を使いますが、人によってはペンネームで通すこともあるようです。本名とペンネームをどちらも知らせたいという場合、ペンネームとは別にかっこ付けで本名を入れることもあるようです。また、女性の場合だと旧姓を使っている方もいらっしゃいます。

住所

自分自身への信用を高めるという意味では記載すべきでしょう。しかし、自宅で仕事をしていることの多いフリーライターの方にとっては個人情報漏洩の観点であったり、自宅そのものが賃貸であるといった理由から自分の現住所を記載したくないということもあると思います。そんなときは「コワーキングスペース」を利用して、その住所を利用することも検討してみると良いでしょう。

電話番号・FAX番号

これらも必須なように思えますが、プライベートな自分の電話番号を載せることに抵抗がある人も多いように感じます。ここでも、「コワーキングスペース」の利用をおすすめします。コワーキングスペースでは電話ならびにFAXが設備されていることが多いので、自分で別に新たな電話回線を引きたくない場合はコワーキングスペースの番号を使うと良いでしょう。

メールアドレス

望ましいのは専業のメールアドレスを作り、それを記載することです。しばしば、G-mailをはじめとしたフリーのメールアドレスの信用性について議論されることがあります。出来るのであれば、自分独自のドメインのメールアドレスの取得をしてみると良いでしょう。

肩書き

肩書きというのはその人がどういった仕事をしているのかという情報ですから、この情報なくして仕事には結び付きません。フリーライターの場合はそのまま、名刺に肩書きとして「フリーライター」と書くと良いでしょう。「フリーライター」のみだと印象に欠けるので、自分はどのような領域でのライティングを行っているのかみたいな詳細な情報を肩書きに付け足すと相手に伝わりやすくなると思います。

まとめ

「名刺」は言わば自分が何者なのかを示す「自分の顔」のようなものです。その「自分の顔」となる「名刺」ですから、自分自身が相手から信用してもらえるように、必要事項の記載を忘れないようにしましょう。

のコンセプト