フリーライターにはブログもおすすめ

フリーライターにはブログもおすすめ

ブロガーとしてのフリーライター

フリーライターといえば、クラウドソーシングで仕事を受けたり、報酬を手にするWEBライターのイメージが強いと思います。もちろん、クラウドソーシングを利用したWEBライティングもありますが、自分でブログを作り、記事を投稿することでお金を稼ぐ「ブロガー」というのもフリーライターに含まれるのを知っていましたか?この記事ではフリーライターとしての「ブロガー」について紹介していきたいと思います。

ブログを使ってどう稼ぐのか?

ブログといえば、ブロガーの方が日々の出来事を日記を書くように綴るイメージが強いと思います。では、そんなブログをどのように利用してお金を稼ぐのでしょうか。方向性としては2つありまして、1つはブログそのものでお金を稼ぐ、もう1つはブログを媒介として仕事を獲得して報酬を得る、というものです。ブログそのものでお金を稼ぐということについて、代表的なものとして「アフィリエイト」というものがあります。

アフィリエイトとは?

ひょっとすると「アフィリエイト」ということば自体は聞いたことがあるかもしれません。アフィリエイトとは成功報酬型広告と呼ばれているもので、ウェブサイト上の広告を通してサイトの閲覧者が商品やサービスを購入した際にそのサイトの運営者に報酬を与えることをいいます。例えば、本だったり、家電製品などの紹介記事の中にAmazonのリンクが貼られていて、それをクリックすると商品が購入できるページに飛んだ経験はありませんか?これこそがアフィリエイトであり、ここで実際に商品を購入すれば、そのリンクを貼ったブログの運営者に報酬が入ります。アフィリエイト広告を掲載するまでの手順として、次の3つを踏まなくてはなりません。
①広告を掲載するブログサイトを作成する
②アフィリエイト・サービス・プロバイダ(例えば、A8.netなど)に会員登録し、申請を行う
③ブログサイトの審査通過後、アフィリエイト広告を自分のブログサイトに掲載することが可能になる
ブログでのアフィリエイトの場合、宣伝する商品の記事を書いて、そこにアフィリエイト広告を貼り付けるパターンが多いです。その際には、中途半端な記事を書くのではなく、読み手の気持ちを踏まえながら、読み手が読むに値するような情報の詰まった記事を書くよう心がけましょう。それを続けていくことで、自サイトへのアクセスが増えていき、アフィリエイトでどんどん稼げるようになっていきます。

自分を宣伝する手段としてのブログ

これまではアフィリエイトを利用した報酬の獲得について説明しましたが、ブログで自分自身を発信することによって仕事へつなげるというブログの活用方法も存在します。特にブログの場合だと、自分の写真や自分の書いた文章を公開するので、その人の仕事ぶりのイメージであったり、その人の影響力が分かることから、直接仕事を依頼される可能性も十分あります。

まずは書くことから始めよう

アフィリエイトにしても、自分を宣伝するにしても、記事を書くことが必要となります。書くことに慣れないうちは大変ですが、記事を書き続けることを通じて書くということへの抵抗感を減らしましょう。書くことへの抵抗が和らぐころには多くの経験を積んでいると思うので、その経験をもとに読者に魅力的に映るような良記事を書くように心がけていくと良いでしょう。

内見・体験利用はこちら