コワーキングスペースは登記にもおススメ!


登記場所に悩んでいるならコワーキングスペースがオススメ!

同じ場所を共有しながら、様々な人々が働く場としてコワーキングスペースが利用されていますが、その他の用途として法人登記する際の住所としてもコワーキングスペースが使えるのを知っていましたか?ここではコワーキングスペースを登記として利用することのメリットについて紹介します。

コワーキングスペースを登記場所にするメリット

メリット1:節約につながる

登記をする際に住所が必要となりますが、その際に自分のオフィスを構えようとすると月の家賃が発生します。コワーキングスペースを利用すれば、わざわざ事務所を借りる必要は無い上、その家賃よりもずっと安く済むという利点があります。

メリット2:自宅の住所を使わなくて済む

登記で自宅の住所を利用できればよいですが、自宅が賃貸であったり、個人情報の観点から自宅の情報を公開したくないといった事情を抱えている方もいらっしゃると思います。コワーキングスペースを登記として利用すればそういった問題も解決することが出来ます。

メリット3:バーチャルオフィスと比べて安心

登記のためだけに住所を確保したいというニーズに応える「バーチャルオフィス」というものもあります。しかし、バーチャルオフィスは一室を借りてそこを貸し会議室として運営しながら住所を登記として利用できる形態を取っているのが一般的で、そこには管理人がいないことも少なくなく、そこを登記として利用して悪事を行う会社も数多く存在するのも事実です。そのようなこともあり、自身の会社の信用に傷がつくこともあります。コワーキングスペースなら管理人もいますし、皆でその場所を利用しているので安心です。

まとめ

コワーキングスペースを登記として利用するのは費用・個人情報の保護・会社の信用性の3つの観点からメリットがあります。是非、コワーキングスペースを登記として利用することも検討してみてください。

内見・体験利用はこちら