フリーライターってどれぐらい稼げるのか?

船橋市役所

フリーライターの稼ぎ方について

フリーランスを始める方や独立をしようとしている方にとっては「フリーライター」からやってみようと思われるのではないでしょうか。ライティング自体にはプログラミングのような専門知識なしで気軽に出来る仕事なのでとりあえずライティングから始めてみようとしている方は多いです。そこで、気になってくるのは稼ぎですよね。そこで皆さんが気になる「フリーライター」の稼ぎについて見ていきましょう。

仕事の報酬そのものは安い

WEBの記事を書くとき、基準となるのは「文字単価」です。「文字単価」とはその名の通り、1文字あたりの値段が決まっており、書けば書くほど稼ぐことの出来る仕組みとなっています。文字単価は案件によりけりですが、クラウドソーシングサイトに出ているような案件だと0.2~0.7円、SEOに関する知識が必要であったり、内容の具体性などが問われるようなライターとしてのスキルが試される案件だと1~2円と相場が決まっています。1,000文字の記事を書いたとしたら、文字単価が0.3円の場合、稼ぎは300円となるわけです。ライティングに慣れてないうちは文字単価が0.3~円の案件を担当することが普通なので、なかなか思うように稼ぐことが出来ないのではないでしょうか。

フリーライターで多く仕事を得ることが収入アップにつながる

文字単価が1円未満の世界から抜け出すためにはやはり経験しかありません。多くの案件を自分でこなすことを通じ、ライティングそのものに慣れることによって、書くことへの抵抗感を減らすことが大切になってきます。また、この経験を通じて、自分のスキルというのは上昇していきますから、徐々に中身のある記事が書けるようになってくると思います。もちろん、その過程でSEO的観点からサイトへの流入を増やすことのできるような記事を書くための知識を身につけることも重要となってくるでしょう。まず慣れてないうちは多くのライティングの仕事を引き受けてスキルアップを目指しましょう。そうすることによって、収入アップにつながってくると思います。

まとめ

ライティングの仕事の報酬は文字単価で決まり、仕事の難易度に応じて変動します。ライティングに慣れていないうちは多くの案件を引き受けて、スキルアップを目指しましょう。そして、スキルの養成によって遂行可能となる案件の種類を増やして文字単価の高い案件に移行するようにしながら、収入アップを目指すようにしましょう。

のコンセプト