登記はネットからも可能!ネットからの登記の仕方教えます

登記はネットからも可能!ネットからの登記の仕方教えます

みなさん、こんにちは。

法人登記となると法務局まで出向く必要があることをご存知の方も多いと思います。

ですが、わざわざ法務局まで出向くのも面倒だと感じる方も少なくないでしょう。

そんなみなさんに朗報です。

実はネットからでも登記することは可能なのです。

そこで本記事ではネットからの登記の仕方について解説していきます。

登記・供託オンライン申請システムをご存知ですか?

ネットからの登記を可能にしているのが「登記・供託オンライン申請システム」です。

聞きなれない名前ですよね。

これを介してネット上登記を行うことになります。

この登記・供託オンライン申請システムの特徴として、わざわざ法務局まで行くことなく楽々に登記ができるだけではなく手数料も安いというメリットがあります。

登記事項証明書を法務局の窓口で交付してもらう場合と登記・供託オンライン申請システムを通じて交付してもらう場合の2つを比較してみましょう。

窓口交付の場合では、600円の手数料が取られます。

その一方で登記・供託オンライン申請システムを介して交付請求を行う場合は郵送でそれを受け取るときは480円、窓口で受け取る場合は500円の手数料がかかります。

明らかに登記・供託オンライン申請システムを通じて手続きしたときの方が手数料が安くなることが分かりますね。

登記・供託オンライン申請システム利用時の注意点

このシステムを利用すれば法人登記や登記事項証明書を取り寄せることができます。

しかしこのシステムを利用するにあたっては電子証明書や申請用総合ソフトのインストールを行う必要があります。

登記事項証明書を取り寄せるといった利用法ではこの限りではありません。

まとめ

今回の記事ではネットから登記を行う方法について解説しました。

登記そのものを行うには電子証明書や申請用総合ソフトが必要とはなりますが、ネット上ですべてが完結するので必要以上の手間がかからないのも事実です。

是非、法人登記をする予定のある方はネットからそれを行ってみてください。

コワーキングスペースCoWorkでは法人登記・住所利用が可能です。(月額1.8万円より)

詳しくはこちら
https://cowork-share.jp/#price

のコンセプト