フリーランスの方が打ち合わせ時に着て行く最適な服装

フリーランスの方が打ち合わせ時に着て行く最適な服装

フリーランスになって会社勤めとは異なり、いざ打ち合わせになった際、服装に悩まれる方も多いのではないでしょうか?そんな悩まれている方の参考になるよう、今回はフリーランスの方が打ち合わせ時に着て行く最適な服装についてご説明します。

初めの打ち合わせはスーツが無難

職種によってカジュアルで良いところもありますが、クライアントがスーツの場合は合わせてスーツで行くのが無難です。クライアントの状況が把握できていない場合には、差し支えのないスーツであれば、マイナスイメージを与えることはまず避けることができるでしょう。また、手持ちスーツのテイストに合わせたバッグ、シューズをそれぞれ忘れずに準備しておきましょう。

カジュアルな服装でも良い場合

クライアント先の方々が、私服勤務やラフな雰囲気であれば、初めてであってもカジュアルで構わないでしょう。スーツでも問題ないですが、固い雰囲気を与えてしまう可能性も、少なからずあるかもしれません。ただカジュアルな中にも、シックなカバンをいれてみたり、少しかっちりしたシューズをいれてみたりすると安心かと思います。さらに、シンプルな年相応の落ち着いた服装であれば尚良いでしょう。

2回目からの打ち合わせは雰囲気に合わせた服装で構わないでしょう。

クライアント先の打ち合わせの雰囲気が把握でき、ラフな感じで問題なければ、カジュアルな服装でも良いかと思います。打ち合わせを気構えしすぎずに、スムーズに進められるメリットも出てくるでしょう。また、カジュアルな服装から人柄も受け取ってもらうことができるかと思います。

フリーランス打ち合わせの服装のまとめ

どちらの場合でも言えることですが、TPOと清潔感を意識することが大事かと思います。

場所や時間によっても、合う服装が変わってくるので、TPOに合わせ服装を考えるのが重要でしょう。会う相手に合わせていくと、相手との距離も近づきやすくなりますし、好印象を与えられはずです。

また、基本的なことですが、清潔感は会う方への印象を大きく左右します。洋服のシワや靴の汚れ、匂いには注意をしておきましょう。特にタバコを吸われる方はスプレーを持ち歩くなどして消臭を心掛けておくと良いでしょう。肌や髭、爪のメンテナンスなど細かいところも、忘れずにチェックしておきましょう。好印象を与えて、スムーズにクライアント先と打ち合わせを進められるよう心掛けていきましょう。

のコンセプト