コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペースとシェアオフィスの違い

コワーキングスペースとシェアオフィスの違いについて

フリーランスの方が多く利用されるコワーキングスペースとシェアオフィス。存在自体は知っているけど、二つの違いがわからないという方が多いのではないでしょうか?今回はコワーキングスペースとシェアオフィスの違いについてご説明いたします。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースは一般的に、起業家やフリーランスの方が自宅ではなく新しい働き方、場所を探している場合に理想的なスペースになります。日本ではフリーランスの方が本拠地として利用している場合が多い印象で、コワーキングスペースを利用するメンバーも人と人のつながりを大事にしています。コワーキングスペース提供者は人と人が集まることによって得られるメリットを推す事が多く、現にCoWorkでも人との繋がりが増えていけばいいなと考え場所をご提供する流れとなりました。
何より、コラボレーション、相乗効果が生まれる事によって、低予算で品質の良いものが生まれ、世にでることを願っています。

概念・イメージ・目的の違い

【シェアオフィス】
シェアオフィスは、人との繋がりを意識して共有スペースを利用するというよりも、
オフィスを借りる目的としては、ビジネス自体に多くのスポットが当たっているイメージがあります。
コワーキングスペースもシェアオフィスも同じ空間を共有するという点では同じではありますが、
シェアオフィスの方が個々として既にビジネスが成り立っている印象があります。

【コワーキングスペース】
コワーキングスペースを利用される方は”人とのコミュニケーションで仕事に活かす”事を望み。
シェアオフィスを利用される方は”コピー機、AV機器、プロフェッショナルなオフィス家具などの
機器が使える事”を望んでいる事が多い傾向に。

コワーキングスペースとシェアオフィスのデザイン面、機能面での違い

コワーキングスペースとシェアオフィスのデザイン面での違いを簡単に説明いたします。
【デザイン面での違い】
コワーキングスペース=カラフルで、人が楽しめるようなモダンで自由なイメージ”
シェアオフィス=単色で、一般的・スタンダードなデザイン”

【機能面での違い】
コワーキングスペース=カフェスペースや休憩スペースがあり、自由に飲食がとれ、仕事と休息がバランスよく行えるように整備されている。
シェアオフィス=より実務的で、ビジネスで利用する機器に重きを置き、しっかり整備されている。
という違いがあります。

それぞれの料金体系の違い

一般的にコワーキングスペースやシェアオフィスは、基本料金よりプラスの金額を支払うことで様々な設備を利用できるシステムになっており、設備利用金額自体はシェアオフィスの方がベーシックな金額が高い傾向にあります。また、料金体系としてコワーキングスペースではドロップイン(一日利用)を可能としている場所もあり、遠隔地で働いている方、拠点を定めず様々な場所で仕事をしている方にも適していると言えるでしょう。

まとめ

共有スペースを利用して仕事をするという点では同じですが、コワーキングスペースを提供する側と提供される側、シェアオフィスを提供する側、される側で違いがあることがおわかりましたでしょうか。どちらのスペースを利用しようか迷われている方はいまいちど、スペースを借りる目的とビジョンを考え直してみることがいいかと思います。

内見・体験利用はこちら